ブログ

2013.08.30

大阪で幼児や小児の日帰りチュービングが可能です

当院は、大阪で幼児や小児の中耳炎を専門としている耳鼻科です。

当院では、0歳から2歳前後の乳幼児のお子様にも、チュービングの手術が可能です。
チュービングとは、中耳内の換気を改善するため、鼓膜に小さな穴を開け、シリコンチューブを入れるというものです。
チュービングによって、中耳に液が溜まるのを防ぎます。
中耳炎が原因で発熱を繰り返す場合にも、チュービングは有効です。

当院では、外来でチュービングの日帰り手術も可能です。
5分程度の手術で、麻酔も局所麻酔だけになります。
一度挿入したチューブは、1年から2年はそのまま入れておき、中耳炎の回数が減ったら抜くことになります。
費用は保険が適用され、乳幼児と小児は公費の助成対象となっています。

2013.08.27

幼児、小児の中耳炎を専門にする耳鼻咽喉科です。

子どもは中耳炎になりやすいです。
風邪を引いたときや、プール遊びで、または少し体調を崩したときなど、すぐに中耳炎になってしまいます。

すぐに治ったからと言って、油断をしてはいけません。
慢性的に中耳炎になると、さらに痛みや頭痛を伴うこともあります。
大人でもつらい状態ですから、小さな子どもがそのような状態になれば、ぐずったり、寝つきが悪かったりと大変です。

当クリニックは幼児、小児の中耳炎を専門的に診療しております。
経験豊富な医師が、患者様のニーズを汲み取り、適切なアドバイス、適切な診療をさせていただきます。
もちろん、大人の中耳炎や耳の手術なども数多く手掛けておりますので、安心してご相談くださればと思います。

2013.08.27

幼児、小児の中耳炎を専門にする耳鼻咽喉科です。

子どもは中耳炎になりやすいです。
風邪を引いたときや、プール遊びで、または少し体調を崩したときなど、すぐに中耳炎になってしまいます。

すぐに治ったからと言って、油断をしてはいけません。
慢性的に中耳炎になると、さらに痛みや頭痛を伴うこともあります。
大人でもつらい状態ですから、小さな子どもがそのような状態になれば、ぐずったり、寝つきが悪かったりと大変です。

当クリニックは幼児、小児の中耳炎を専門的に診療しております。
経験豊富な医師が、患者様のニーズを汲み取り、適切なアドバイス、適切な診療をさせていただきます。
もちろん、大人の中耳炎や耳の手術なども数多く手掛けておりますので、安心してご相談くださればと思います。

2013.08.21

幼児、小児の中耳炎でお悩みなら当院へ。

幼児、小児の治療を専門的に行っているクリニックは、あまり多くはありません。
幼児、小児を専門に診療する内科はまだ見かけますが、耳鼻咽喉科は、あまり見かけませんよね。

当院は、幼児、小児の中耳炎を専門的に診療する耳鼻咽喉科です。
勤務医時代から、子どもの中耳炎を専門に、数々の経験を重ねてきました。
その経験から、患者様に対し適切なアドバイスと、適切な診療をさせていただきます。
特に小さなお子様の場合、周囲が気付かずに症状を見落としてしまう場合もありますので、注意が必要です。

もちろん大人の方の中耳炎や耳の手術にも、これまで多く携わっておりますので、何か耳のことで不安なことがあれば、当院に安心してご相談ください。

2013.08.12

幼児、小児の中耳炎を専門的に診察しています。

慢性的な中耳炎でお悩みではありませんか。
放っておくと中耳炎を繰り返すうちに、耳だれなどの症状があらわれ、症状が悪化すると痛みや頭痛も伴います。

特に幼児や小児の場合は、耳の痛みや不調があってもうまく言葉で伝えられないため、ご両親が見逃してしまう場合が多々あります。
夜中ずっと泣き止まなかったり、やたらと耳をさわったりする場合は、一度中耳炎を疑ってみても良いかもしれません。

当院では、幼児、小児の中耳炎を専門に診療しております。
大阪市立小児保健センター、大阪市立総合医療センター勤務医時代の経験を生かして、中耳疾患に適切なアドバイスをさせていただきます。
もし何か気になる症状がありましたら、早めの受診をお勧めします。

2013.08.10

大阪で幼児、小児専門の中耳炎治療なら。

急に耳がずきんと痛む、風邪をひくと耳鳴りがひどくなる、そのようなことはありませんか。
特にお子様が発熱したときや、耳が聞こえにくいと言うときは、もしかすると中耳炎になっているかもしれません。

ひとことに中耳炎と言っても、様々な種類があります。
一番多く見受けられるのは急性中耳炎ではないでしょうか。
耳の痛み、聞きにくさなどはこの急性中耳炎である場合が多いようです。

当院では、幼児、小児専門の中耳炎治療を行っております。
特に自分で症状をうまく伝えられないお子様は、十分な注意が必要です。
日帰りのチュービング手術にも対応しております。
もちろん大人の診療も行っております。

患者様に適切な治療と最少の通院で実践するよう、アドバイスさせていただきます。

2013.08.01

繰り返す中耳炎の治療もおまかせください

当院は、大阪で耳鼻咽喉科を開いています。
診察する中で特に多いのが中耳炎なのです。
中耳炎といいましても、いろいろなタイプがあります。
小さなお子さんがよくかかるのは、急性の中耳炎が多いのですが、中には慢性の中耳炎もあるのでなかなか厄介です。

慢性の中耳炎の方は何度も同じような症状を繰り返します。
耳の痛みや頭痛、耳だれなどがその一例です。
このような症状は、ご本人にとってはとてもつらいものです。

繰り返す中耳炎には手術が有効な場合があります。
もちろん患者さまにもよりますが、手術で根本治療ができることがあります。
中には小さなお子さんも受けられる手術もあります。
外来でできる手術も多く、多くの症例を当院では診ておりますので、遠方から来られる患者さまもいらっしゃいます。

2013.07.31

慢性の中耳炎の治療について

当院は、大阪で耳鼻咽喉科を開院しています。
お子さんの急性中耳炎を多く診てきていますが、もちろん大人の方も診察しておりますので、耳の不快な症状がある場合はご来院ください。

大人の方の場合は、慢性の中耳炎も多いのが特徴です。
長年繰り返す中耳炎の症状に悩まされてきた患者さまも多いです。
耳の不快感は日々の生活に多大な支障をきたします。
その方に合った治療法で、完治を目指していきます。

そのためには面倒に思われるとは思いますが、しばらく通院が必要です。
お仕事や子育て、忙しい理由はみなさまそれぞれあります。
特に慢性の方の場合は耳だれなどの不快な症状を引き起こすことがあります。
定期的な受診は症状がひどくならないカギとなりますので、QOLを高めるためにも患者さまには通院を途中でやめてしまわないことをお願いしています。

2013.07.26

小さなお子さんの中耳炎について

中耳炎はどなたでもなりえますが、特に小さなお子さんはよくかかる病気です。
風邪をひいて、そのウイルスなどが中耳とよばれる場所に炎症を起こします。
お子さんは、なかなか耳の違和感や不調を上手に親御さんに伝えることが難しいようです。

ですが、もしかしたら中耳炎の疑いがあるのではないか、というサインがあります。
例えば耳を頻繁に触る、聞こえが悪い様子がある、耳垢がいつもと違うなどです。
赤ちゃんであれば、終日機嫌が悪いこともあります。

これらのサインを、親御さんは見逃さないよう気を付けてください。
特に風邪をひいた後は要注意です。
小さなお子さんほど免疫力や耳管が未発達なため、中耳炎にかかりやすいです。
ひどくなると耳の痛みで泣き叫ぶこともあります。
そうなる前に、これらのサインを見つけたら受診していただきたいと思います。

2013.07.22

大阪でさまざまな種類の中耳炎を診察しています

中耳炎といっても、いろいろな種類があります。
特にいちばん多いのが、急性中耳炎でしょう。
風邪の症状と併発することが多いことから、はじめは単なる風邪だと思ってしまうことが多々あるようです。
しかし抗生物質などお薬で比較的早期に治りやすいのも特徴です。

慢性の中耳炎となると、治療はもう少し時間がかかります。
お薬の効きがあまりよくない場合もあり、治癒が難しい場合は手術をおすすめすることもあります。

そして意外と多いのが航空性中耳炎です。
飛行機に乗った際の気圧の変化が原因です。
海外旅行の後、耳の痛みを訴えて受診される方が多いですね。

このように中耳炎といっても、症状や治療法はさまざまです。
当院ではそれぞれの患者さまに合った治療法とお薬で、少しでも不快な症状を取り除くことを目指しています。

1 28 29 30 31 32 33 34
お問い合わせ:072-835-7533 ご予約:072-835-7575WEB
順番予約(初診の方も可) メール