ブログ

2017.04.08

滲出性中耳炎第27回

アブミ骨の底板は卵円窓というところにはまっています。この底板が振動をして蝸牛の中のリンパ液を揺らすのです。このリンパ液の振動を内耳の有毛細胞がキャッチして電気信号に変えラセン神経節を通じて脳に音として伝えるのです。

お問い合わせ:072-835-7533 ご予約:072-835-7575WEB
順番予約(初診の方も可) メール