ブログ

2016.08.31

急性中耳炎第66回目

入れたチューブが自然と脱落することもあります。その場合はすぐに再挿入するのでなくしばらく中耳炎を起こすかどうか経過観察します。たいていの場合は急性中耳炎をおこすことは少なくなっており滲出性中耳炎になっていることがあります。ほとんどのケースでは何も起こりません。時期がきて反対側のチューブを抜去して終わりです。

お問い合わせ:072-835-7533 ご予約:072-835-7575WEB
順番予約(初診の方も可) メール