ブログ

2016.07.29

急性中耳炎第58回目

白く膨化し麻酔の効いた場所にOtoLAMで1.4mmの孔を開けます。普通はチューブが抜けにくいように前上象限という鼓膜の前上方に開けます。急性中耳炎を起こして間がない場合や遷延化した場合は、鼓室内の粘膜が肥厚したり、炎症性の肉芽によって1回の照射で開窓できないことがあります。その場合は何度もレーザーを照射し開窓します。

お問い合わせ:072-835-7533 ご予約:072-835-7575WEB
順番予約(初診の方も可) メール