ブログ

2016.03.29

急性中耳炎第24回目

急性中耳炎の重症度が軽症の場合は、すぐに抗生物質を出さずに経過観察することができますが、中等症以上ではやはり抗生物質を処方する必要があります。鼓膜を切らない場合は、鼻から菌検査を行い最初に出した抗生物質があまり有効でなかった場合の次の処方決定のための根拠とすることがあります。

お問い合わせ:072-835-7533 ご予約:072-835-7575WEB
順番予約(初診の方も可) メール