ブログ

2015.06.16

難聴解説46回目

突発性難聴の治療の原則はステロイドの点滴治療が第一選択です。次にプロスタグランディンの点滴が第二選択です。施設によっては鼓室内注入や高圧酸素療法を行っています。聴力低下が大きければ大きいほど、また発症から日数が経っていればいるほど治療効果は悪くなります。激しいめまいを伴った場合も治りは悪いです。

お問い合わせ:072-835-7533 ご予約:072-835-7575WEB
順番予約(初診の方も可) メール