ブログ

2015.02.13

難聴解説12回目

鼻汁がまったくないのに滲出性中耳炎である場合、鼻すすりの癖がないかチェックします。鼻を吸うことで耳管がブロックされいつまでたっても滲出性中耳炎が治りません。強制して鼻をよくかむことを癖付ける必要があります。この場合一度鼓膜を開窓してみることがあります。OtoLAMというCO2レーザーによる鼓膜開窓です。

お問い合わせ:072-835-7533 ご予約:072-835-7575WEB
順番予約(初診の方も可) メール