ブログ

2015.02.03

難聴解説9回目

ずっとチューブを入れていると少しの耳漏からチューブの周りに痂疲がつき、チューブの穴がふさがることがあります。するとチューブが抜けやすくなりますので、手入れが必要です。チューブの周りに肉芽(にくげ)という肉の盛り上がりができ出血することもあります。そのために、ふつう1か月に1回程度通院していただきチューブの状態を観察するのです。チューブを入れれば何も起こらないことが多いので放ったらかしというのでは困ります。

お問い合わせ:072-835-7533 ご予約:072-835-7575WEB
順番予約(初診の方も可) メール