ブログ

2014.03.10

大阪在住の中耳炎に悩むお子さまとご両親を助けます

中耳炎は風邪の症状から始まります。
細菌が耳に入り込んで炎症を起こすのです。
小さな子どもは大人に比べて耳管が太く短いため、発症率が高くなります。

風邪の症状はくしゃみや鼻水など親が気づきやすいのですが、小さなお子さまは耳の痛みを上手に伝えることができないため、親が気づくのが遅れるケースが多々あります。

お子さまが風邪を引いたら、中耳炎の可能性も考えに入れてください。
常に耳を気にする、寝付きが悪い、なかなか泣き止まないなどは、中耳炎のサインかもしれません。

中耳炎はよくある病気と思われがちですが、初期の治療が不完全だったり、薬剤を使用しすぎたりして耐性ができてしまうと、滲出性中耳炎や慢性中耳炎に発展してしまう可能性もあります。
必ず適切な治療を行える専門医にかかりましょう。

お問い合わせ:072-835-7533 ご予約:072-835-7575WEB
順番予約(初診の方も可) メール