ブログ

2013.09.17

大阪で中耳炎のチュービング治療を行います

中耳炎は色々な種類の症状があります。
特に急性中耳炎から滲出性中耳炎になるケースが多いです。

滲出性中耳炎とは、耳に液が溜まってしまい、耳がつまった感じや、耳が聞こえにくい、自分の声が耳に響くなどの症状があります。
急性中耳炎の治療が不完全だった場合や、気圧の変化などでなることが多い病気です。

滲出性中耳炎は、お年寄りや0歳から2歳の乳幼児が繰り返し急性中耳炎を起こしたりして慢性化してしまうケースが多いのです。

このような場合に安心して手術が可能なチュービングという方法があります。

チュービングとは、小さな穴を開けた鼓膜にシリコンチューブを留置することで中耳内の歓喜を改善する手術です。
手術自体は鼓膜だけの局所麻酔で、5分ほどで終わり、日帰り外来で可能ですので安心して行えます。

お問い合わせ:072-835-7533 ご予約:072-835-7575WEB
順番予約(初診の方も可) メール