院内通信BLOG

2018.02.27更新

一般的には小児滲出性中耳炎は95%で自然治癒するとされています。実際上気道炎が良くなって再診を告げていても途切れた子たちはたいてい中耳の貯留液を消失させていますし、特に悪化した状態を見ることはどちらかというとまれなほうです。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

2018.02.24更新

危険因子としてダウン症と口蓋裂を挙げましたが、全体の中ではそれほど多いわけではありませんので、予後の悪さが目立った説明になりました。ふつうは治療経過の悪さに難渋することはそれほど多いことではありません。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

2018.02.20更新

口蓋裂があると真珠腫の発症も多いようです。それがない場合と比べて有意差があるようです。真珠腫の手術にあたると口蓋裂の合併症はしばしばみられる合併症です。その合併は真珠腫の術後の治りにも影響を及ぼします。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

2018.02.06更新

口蓋裂のない症例では5~6歳時にチューブ留置を考えることが多いですが、口蓋裂児の場合は2~3歳時に考慮することが多いようです。また最終的に再発のない年齢も自然と高くなります。経過観察がおのずと長くなってしまうわけです。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

森口耳鼻咽喉科 お電話でのお問い合わせはこちら TEL:072-835-7533 予約:072-835-7575
  • 森口耳鼻咽喉科 お電話でのお問い合わせはこちら
  • tel01_sp.png
  • tel02_sp.png
  • 森口耳鼻咽喉科 お電話でのお問い合わせはこちら
ご予約はこちら 原因・症状・治療方法 子どもの中耳炎 チュービングとは 鼓膜穿孔閉鎖術 院内通信BLOG 院内通信BLOG 森口耳鼻咽喉科 オフィシャルサイト Facebook Twitter 当院が紹介されました!
原因・症状・治療方法 子どもの中耳炎 チュービングとは
鼓膜穿孔閉鎖術 院内通信BLOG 院内通信BLOG 森口耳鼻咽喉科 オフィシャルサイト Facebook Twitter 当院が紹介されました!