院内通信BLOG

2017.11.28更新

中等度の難聴を伴うことも多く、言語発達への影響を考えると比較的積極的にチュービングを行うことになります。ただたいてい外耳道が狭く、発達の遅れから協力してくれず外来での鼓膜麻酔のみでのチュービングは困難なことが多いようです。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

2017.11.25更新

高率に滲出性中耳炎に罹患し、難治であることもダウン症児の特徴です。ふつうは8歳ごろから軽快傾向になることが多いのですが、なかなか8歳を過ぎても軽快はしてきません。チュービングを行うことも多くなります。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

2017.11.21更新

ダウン症の場合、約半数前後の例で滲出性中耳炎を認めたとされています。発症率が高い理由として易感染性により上気道炎の反復がある、頭蓋骨が短形で鼻咽腔が狭い、乳突蜂巣の発育が不良である、耳管機能が著しく不良である、などが挙げられています。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

2017.11.15更新

小児滲出性中耳炎はアデノイド増殖や副鼻腔炎、上気道炎罹患時など危険因子があることは述べましたが、最も大変なのがダウン症と口蓋裂です。ダウン症は21トリソミーといわれる染色体異常でいろいろな奇形や発達障害を伴います。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

2017.11.10更新

鼓膜チューブ留置の合併症としての真珠腫もあります。チューブ留置部の鼓膜穿孔縁からの上皮侵入により真珠腫が発生するとされています。発生率は1%とされています。かなりの数のチューブ留置を経験している私自身はチューブ留置から真珠腫発生の経験はありません。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

2017.11.07更新

中耳真珠腫とチュービングとの関連ですが、チューブ留置が真珠腫を減少させることにつながるかですが、まだ結論は得られていません。チューブ留置により真珠腫の発生頻度が減少したとの報告もあります。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

森口耳鼻咽喉科 お電話でのお問い合わせはこちら TEL:072-835-7533 予約:072-835-7575
  • 森口耳鼻咽喉科 お電話でのお問い合わせはこちら
  • tel01_sp.png
  • tel02_sp.png
  • 森口耳鼻咽喉科 お電話でのお問い合わせはこちら
ご予約はこちら 原因・症状・治療方法 子どもの中耳炎 チュービングとは 鼓膜穿孔閉鎖術 院内通信BLOG 院内通信BLOG 森口耳鼻咽喉科 オフィシャルサイト Facebook Twitter 当院が紹介されました!
原因・症状・治療方法 子どもの中耳炎 チュービングとは
鼓膜穿孔閉鎖術 院内通信BLOG 院内通信BLOG 森口耳鼻咽喉科 オフィシャルサイト Facebook Twitter 当院が紹介されました!