院内通信BLOG

2016.02.26更新

2歳くらいまでの子供の耳の穴は小さく結構鼓膜を見ることが困難なことが珍しくありません。耳垢(みみあか)で一杯になり見ることができないこともあります。その場合は耳鼻科医の出番となります。狭い外耳道内の耳垢を十分に除去し鼓膜の観察を行います。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

2016.02.23更新

中耳炎があるかないかは、外耳道から鼓膜をみてその所見により判断するのですが、小児科の先生は鼓膜の所見をとる先生ととらない先生に分かれます。判別できないために耳鼻科をすすめられる場合はいいのですが、最初から熱の原因として中耳炎が候補に入っていない先生もおられます。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

2016.02.19更新

6ヶ月までで熱があり、耳鼻科を受診された場合は中耳炎がなく風邪症状が強くなければ、小児科を紹介いたします。小児科では全身を調べて熱の原因を探すことになります。このあたりの診断には小児科が必要になります。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

2016.02.16更新

熱が出ている場合は、熱の原因の鑑別が必要になります。最初にかかる科は小児科でも耳鼻科でもいいのですが、6ヶ月までの場合はまずは小児科で診てもらいさらに中耳炎の鑑別が必要になれば耳鼻科へ紹介されます。6ヶ月までの場合は中耳炎にかかる確率は多くはありません。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

2016.02.12更新

風邪症状があり、熱が出ている場合は子供を小児科に連れて行きますか?それとも耳鼻科へ連れて行きますか?熱だけの場合はどうですか?
熱がなく、風邪症状だけならどうしますか?

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

2016.02.09更新

急性中耳炎は感染症ですから、どこかから細菌が耳の中の中耳というところに入ってきて初めて起こります。それはやはり鼻の奥の耳管から進入してくることがほとんどです。そのためには上気道での感染いわゆる風邪ひきが必要になります。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

2016.02.05更新

鼻水が出て、咳があり、熱がなくても不機嫌を示すような症状があれば中耳炎を起こしている可能性があります。発熱があっても風邪症状を表していないときは単に発熱によるぐずりである可能性が高いようです。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

2016.02.02更新

風邪の症状があり、発熱があって今まで述べたような症状があれば中耳炎の可能性があります。鼻水が出て、咳があり、発熱している場合は風邪だけかも知れませんが、中耳炎を併発している可能性があるわけです。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

森口耳鼻咽喉科 お電話でのお問い合わせはこちら TEL:072-835-7533 予約:072-835-7575
  • 森口耳鼻咽喉科 お電話でのお問い合わせはこちら
  • tel01_sp.png
  • tel02_sp.png
  • 森口耳鼻咽喉科 お電話でのお問い合わせはこちら
ご予約はこちら 原因・症状・治療方法 子どもの中耳炎 チュービングとは 鼓膜穿孔閉鎖術 院内通信BLOG 院内通信BLOG 森口耳鼻咽喉科 オフィシャルサイト Facebook Twitter 当院が紹介されました!
原因・症状・治療方法 子どもの中耳炎 チュービングとは
鼓膜穿孔閉鎖術 院内通信BLOG 院内通信BLOG 森口耳鼻咽喉科 オフィシャルサイト Facebook Twitter 当院が紹介されました!