院内通信BLOG

2013.07.31更新

当院は、大阪で耳鼻咽喉科を開院しています。
お子さんの急性中耳炎を多く診てきていますが、もちろん大人の方も診察しておりますので、耳の不快な症状がある場合はご来院ください。

大人の方の場合は、慢性の中耳炎も多いのが特徴です。
長年繰り返す中耳炎の症状に悩まされてきた患者さまも多いです。
耳の不快感は日々の生活に多大な支障をきたします。
その方に合った治療法で、完治を目指していきます。

そのためには面倒に思われるとは思いますが、しばらく通院が必要です。
お仕事や子育て、忙しい理由はみなさまそれぞれあります。
特に慢性の方の場合は耳だれなどの不快な症状を引き起こすことがあります。
定期的な受診は症状がひどくならないカギとなりますので、QOLを高めるためにも患者さまには通院を途中でやめてしまわないことをお願いしています。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

2013.07.26更新

中耳炎はどなたでもなりえますが、特に小さなお子さんはよくかかる病気です。
風邪をひいて、そのウイルスなどが中耳とよばれる場所に炎症を起こします。
お子さんは、なかなか耳の違和感や不調を上手に親御さんに伝えることが難しいようです。

ですが、もしかしたら中耳炎の疑いがあるのではないか、というサインがあります。
例えば耳を頻繁に触る、聞こえが悪い様子がある、耳垢がいつもと違うなどです。
赤ちゃんであれば、終日機嫌が悪いこともあります。

これらのサインを、親御さんは見逃さないよう気を付けてください。
特に風邪をひいた後は要注意です。
小さなお子さんほど免疫力や耳管が未発達なため、中耳炎にかかりやすいです。
ひどくなると耳の痛みで泣き叫ぶこともあります。
そうなる前に、これらのサインを見つけたら受診していただきたいと思います。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

2013.07.22更新

中耳炎といっても、いろいろな種類があります。
特にいちばん多いのが、急性中耳炎でしょう。
風邪の症状と併発することが多いことから、はじめは単なる風邪だと思ってしまうことが多々あるようです。
しかし抗生物質などお薬で比較的早期に治りやすいのも特徴です。

慢性の中耳炎となると、治療はもう少し時間がかかります。
お薬の効きがあまりよくない場合もあり、治癒が難しい場合は手術をおすすめすることもあります。

そして意外と多いのが航空性中耳炎です。
飛行機に乗った際の気圧の変化が原因です。
海外旅行の後、耳の痛みを訴えて受診される方が多いですね。

このように中耳炎といっても、症状や治療法はさまざまです。
当院ではそれぞれの患者さまに合った治療法とお薬で、少しでも不快な症状を取り除くことを目指しています。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

2013.07.14更新

耳鼻咽喉科というと慢性鼻炎や花粉症の方が通うところ、というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実は耳鼻咽喉科は鼻や喉の症状を主体とする風邪や、中耳炎などの急性の症状の患者さまがとても多く来院されています。

特に中耳炎は大人だけでなく、お子さんに非常に多い疾病です。
はじめてのお子さんの場合や、まだ話すことのできない小さなお子さんの場合、親御さんが気付かず、小児科で指摘されてはじめて中耳炎だと気付くケースがとても多いようです。

お子さんの場合も治療は小児科ではなく耳鼻咽喉科が担当になります。
当院では特に、お子さんの中耳炎を数多く診察してきています。
スタッフもお子さんの対応に慣れておりますので、ご心配はいりません。
ぜひ安心してご来院いただきたいと思います。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

森口耳鼻咽喉科 お電話でのお問い合わせはこちら TEL:072-835-7533 予約:072-835-7575
  • 森口耳鼻咽喉科 お電話でのお問い合わせはこちら
  • tel01_sp.png
  • tel02_sp.png
  • 森口耳鼻咽喉科 お電話でのお問い合わせはこちら
ご予約はこちら 原因・症状・治療方法 子どもの中耳炎 チュービングとは 鼓膜穿孔閉鎖術 院内通信BLOG 院内通信BLOG 森口耳鼻咽喉科 オフィシャルサイト Facebook Twitter
原因・症状・治療方法 子どもの中耳炎 チュービングとは
鼓膜穿孔閉鎖術 院内通信BLOG 院内通信BLOG 森口耳鼻咽喉科 オフィシャルサイト Facebook Twitter