院内通信BLOG

2018.02.06更新

口蓋裂のない症例では5~6歳時にチューブ留置を考えることが多いですが、口蓋裂児の場合は2~3歳時に考慮することが多いようです。また最終的に再発のない年齢も自然と高くなります。経過観察がおのずと長くなってしまうわけです。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

2018.01.23更新

早い年齢でチュービングを行うと普通2年程度で脱落してしまいますので、再留置が必要になることが珍しくありません。したがって完治するまでの間に、複数回行われることが合併のない例に比べて多いことになります。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

2018.01.16更新

耳鼻科での経過観察で滲出液貯留の遷延化する例ではチューブ留置が必要になります。そのような場合は比較的早い年齢から行います。口蓋裂合併がない場合に比べてチュービングを行う年齢は早くなることが多いです。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

2018.01.11更新

したがって口腔外科で手術を受けられた口蓋裂児の場合、滲出性中耳炎になるという知識がなくたまたま耳鼻科を受診されることも珍しくありません。それでも早期に受診された場合はまだ良しです。

 

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

2018.01.09更新

産科からの紹介が形成外科へ行った場合は耳鼻科へ必ずコンサルトがあるのですが、口腔外科へ行った場合、歯科であるためかその病院に耳鼻科のないことも多く漏れてしまうことになります。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

2018.01.05更新

口蓋裂を持って生まれてきた場合、口腔外科、形成外科、言語科、耳鼻科で総合的に診察を行い連携をしながら年齢から適切な検査や処置、手術が行われるべきなのですが、耳鼻科での検査が抜けていることが時々あります。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

2017.12.28更新

口蓋裂があることがわかっている場合、普通1歳半で口蓋の閉鎖手術が行われるのですが、この時に全身麻酔がかけられた状態ですので、口蓋形成と同時にチューブ留置を行うことがよくあります。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

2017.12.25更新

もう一つの危険因子が口蓋裂です。口蓋裂時では耳管を開く筋肉である口蓋帆張筋と口蓋帆挙筋の走行、発育に異常があります。耳管軟骨も弱く耳管の閉鎖障害があります。乳突蜂巣の発育もよくありません。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

2017.12.15更新

慢性中耳炎だけでなく真珠腫の発生も多いような気がします。こちらは報告はありませんが、日常臨床を行っていて肌で感じるところです。先に述べました複数回のチューブ留置が頻度を高めている可能性もあるのかもしれません。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

2017.12.08更新

繰り返しチューブ留置を行うと、鼓膜の石灰化、脱落後の穿孔が残りやすくなります。すると易感染性から耳漏を認め慢性中耳炎化し、ゆくゆくは中耳炎の手術が必要になることも少なくありません。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

前へ
森口耳鼻咽喉科 お電話でのお問い合わせはこちら TEL:072-835-7533 予約:072-835-7575
  • 森口耳鼻咽喉科 お電話でのお問い合わせはこちら
  • tel01_sp.png
  • tel02_sp.png
  • 森口耳鼻咽喉科 お電話でのお問い合わせはこちら
ご予約はこちら 原因・症状・治療方法 子どもの中耳炎 チュービングとは 鼓膜穿孔閉鎖術 院内通信BLOG 院内通信BLOG 森口耳鼻咽喉科 オフィシャルサイト Facebook Twitter
原因・症状・治療方法 子どもの中耳炎 チュービングとは
鼓膜穿孔閉鎖術 院内通信BLOG 院内通信BLOG 森口耳鼻咽喉科 オフィシャルサイト Facebook Twitter